歳月不待人 アラフィフからのスタート

歳月は人を待たず、のんびりしている時間はありません。5年後今より綺麗で健康でいたい。努力の記録

ダイエットの経過

2017年8月末、68.1kgからスタートしたダイエット

当初は我流の糖質オフで4kg程度減量しましたが体調不良を感じ

2017年11月初めから『あすけんダイエット』に移行しました。

2018年4月12日現在59.5kg 7か月半で8.6kg減です。

地震翌々日に思う事

一昨日、大阪で地震がありました。私の住む街は震度5強、本当に怖かったです。

 

www.saigetu.com

自転車で30分かけて職場に到着しましたが電話もつながらず交通がマヒした状況でスタッフも揃わず半分仕事になりませんでした。スマホでこっそりブログ更新したところ思いがけず温かい言葉をたくさんいただいて嬉しかったです。有難うございました!

 

今回の地震で亡くなられた方もいらっしゃいます。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 その後の話を少し・・・

7時58分地震が起きました。

同じ職場の同僚は電車に乗っていてあと一駅で職場のある駅という所まで来ていたのに大きな衝撃と共に急停車。その後2時間半くらい車内待機でその後線路を歩いて近い駅まで戻りタクシー乗り場で30分以上並んで渋滞する道を走り12時30分会社に到着。疲れ切っていました。彼女の到着後私は帰宅させていただきました。

水道水が濁ってる・・・なんて情報もあったのでスーパーに立ち寄りました。もの凄い人でレジは大行列!!欲しかった2Lサイズの水も無いようだったので諦め自転車で帰途へ途中のドラッグストアで最後2本残っていたお水をGET!汗だくで帰宅しました。

家に帰るとガスが付かない!!

近所の友人に電話したら安全装置が働いてガスが止まったようなので自分でガスメーターのボタンを押して復旧できると教えてもらいました。

言われた通り日頃覗かないメーターボックスを覗いてみると親切に手順が書いたものが貼ってありました。ボタンを押して3分後無事ガス復活!!

水道水を確認したら我が家は見た目には濁って無かったです。

室内をゆっくり確認すると

北を背にして置いてある洗濯機や室外機が10CM弱前に出ていました

。前の記事に書いた通り我が家はガラスのコップが割れただけでたいした被害は有りませんでした。ウチは4階です。

建物が違いますが11階に住む近所の友人宅の写真を見ると食器棚やシステムキッチンの扉が全開して中のものが全て飛び出していました。食器が半分駄目になったそうです。 別の友人はマンションの内外に大きな亀裂が入ったそうで今後修理の話になるそうです。

交通機関がストップ

電車が止まってしまいタクシーも長蛇の行列

ニュースで何度も放送されていましたが我が夫も帰宅困難者となり思いがけず長距離を列をなして歩く人々の一人でした。 

朝も同僚と同じように社内に閉じ込められ線路を歩いての出勤、可哀そうなので車で行けるところまで迎えに行きました。

地震翌日

電車は一部を除き動いていましたが最寄りのスーパーは臨時休業、他のお店もお2Lの水は欠品。パン、カップラーメンは品薄でした。学校も休校の所が多かったようです。余震が何度かありました。

地震翌々日(本日)

夜中に小さな揺れを感じました。普段なら気付かないかもしれませんが敏感になっているので飛び起きてしまいます。

今朝は大雨で少し離れた場所ですが土砂崩れの恐れがあるかも・・・みたいな緊急アラートがなりました。

今の所、昨日ほどの余震は無く最寄りのお店も復活。お水を除き品ぞろえも豊富でした。

地域によってはガスが止まっていたり水道が使えなかったりまだしばらくは不自由な暮らしが続く方々もいらっしゃいますが

私の家の近所はほぼ通常の生活にもどりました。

まだ安心はできません

もっと大きいのが来るかも!なんて言ってる方やTVではどこかの研究者さんが「今回はもう大きいものは無い」みたいな事言っていたり色々ですが

防災の備えをちゃんとしなければ!!と気付かされた数日間でした

物品、食糧の備えも大切ですがいろんな収納や寝ている場所など

『もし地震が起きたらどうなる?』と自問して心配な部分をなくす努力も必要だと感じました。

緊急時 夫、息子とはLINEで安否確認が直ぐできて便利でしたが

家の電話は繋がらず義母さんの安否がわからず息子にバイクで見てきてもらってやっと無事を確認できました。スマホやタブレットを持たない年配者でも簡単に使えるLINEに替わる何か良いものがあればいいなぁ・・私が知らないだけで既にあるのかもしれませんね

 

長々とお付き合いくださり有難うございました。

被災された皆さま心よりお見舞い申し上げます。

にほんブログ村 ダイエットブログ 50代女性のダイエットへ
にほんブログ村