歳月不待人  

歳月は人を待たず 時間を無駄にできません あれこれ語ります 中年女子目線です

娘、姉、小姑として

私にとってダイエットと同じくらい難しい事柄です

昨日からどうしたものか考えるも答えが出ず悶々としています

弟 46歳

●18年前に結婚 子供無し 実家から車で30分(我が家からは1時間)の距離に嫁と暮らす 年に2~3回程度1人で実家の母に顔を見せる。 結婚後も母に金銭的援助はしてくれていた。 嫁さんとは仲良くやってる様子だが自分の実家への関与は求めていないかも。優しい弟であるとは思うが自分本意なところもある。今後は私(姉)が母の面倒を見ると思っていて今でも何かと母の為に奔走する私に感謝は述べてくれている。

嫁さん 43歳

●結婚前からずっと正社員として働く女性。たぶん今は管理職 土日、祝日は休みにくい職種 以前は毎年ではないがお正月過ぎに弟と一緒に実家に来て数時間一緒に過ごしていたが彼女から積極的に話しかけてくることは無くこちらが気を遣って話題を振り他人行儀な関係のまま打ち解けることは無かった。 年に1回会うか会わないかの関係だったがここ5年ほど全く顔を出さなくなった 結婚してから今まで母や私とも合計10回程度しか会っていない。

私(姉・小姑) 50歳

●自身が夫の姉の干渉が嫌だったので弟の嫁には嫌われ無いように心掛けていた。息子二人に長年お年玉や入学等のお祝いを貰うばかりで恐縮する。本心としてはお嫁さんや弟ともっと仲良く母も交えて楽しく過ごしたい。せめて年に1回程度一緒に過ごす時間を作るのは嫁として当然じゃない?とも思い始めている

母 75歳 ひとり暮らし

●弟から援助されている事で弟夫妻に遠慮している。母から弟に連絡しようとしてもお金を催促しているように思われたら・・・と悪く考えがち。『今まで援助してくれて有難う』と弟名義で契約していた保険が満期になったからとちょっとした金額のお金を渡し 今の処、年金でなんとかやっていけるので今後の金銭的な援助は不要だと申し出る。 嫁さんが自分に無関心なのはお金のせいであると思っている。本心としてはお嫁さんや弟ともっと仲良く娘夫婦や孫も交えて楽しく過ごしたい。でも息子と嫁にお願いしてまで来てもらうのは嫌。お金の援助が無くなって何かが変わると思っている様子

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ざっと上記のような感じです。

 今年の初め弟から旅行に誘われました。母を連れて行くからお姉ちゃんも付いてきてというお誘い。てっきりお嫁さんも一緒だと思っていたのですが私、弟、母の3人。それなりに楽しみましたが消化できない思いもありました。

お嫁さん、口数も少なくどちらかと言えば男っぽいタイプかな?朗らかではないけど性格が悪い感じはしません。社会人としては立派にお勤めの彼女が姑に関心を寄せないのは弟の配慮の無さも一因かと思っています。弟が気を利かせて上手く立ち回ってくれれば良いのですが性格的に無理で、私から弟にあれこれ言うのは母が嫌がるので今のこんな状況になっています。

その現状がなにか問題?と思われる方もいるとは思います。

正直、私は先方が嫌なら無理してまで時間割いて貰わなくても構わないのですが

母は寂しく感じています。それが問題なのです。母が多くを求めすぎなのでしょうか?

 援助のお断りについて弟に別の場所で母の思いをフォローするつもりで

「長い間援助してくれていたことに凄く感謝していたけど金銭的には母なりに自分でやっていける計算ができたみたい。あなたもローンとかいろいろたいへんな状況じゃないかと心配していたよ。お金より顔見せてあげたほうがうれしいんじゃない?」と伝えておきました。「でも何かあったらその時はお願いします!」と自分の為の一言も付けました(^_^.)

弟は本当にそれで大丈夫なのか気にしていましたが受け入れてました。

私も大丈夫かとても心配です。母はつつましく暮らしていくつもりのようです。

母の精神的な支えにはなりたいと思ってはいるけど金銭面ではたいしたことは出来ず。もちろん母が自活するのが難しい状況になったらこちらで一緒に暮らしたいとは考えていますがそのためにもお金貯めなきゃ!!って感じです。

母が贅沢すればいいとは思いませんが安心感の為にもお金って必要だと思っています。母にはこれに勝る思いがあるようでだんだん頑固になっていく気もして心配です。

その後初めて迎えるお正月です。今の悩みはこちらから弟に「食事だけでも一緒にどう?」と働きかけて集まる時間を作るべきか自然に任せてみるべきか…お店であっさり過ごした方が気楽なのか・・・

以上、つまらないお話にお付き合いいただき申し訳ありません。

明日は気分を切り替えてダイエット頑張ります

にほんブログ村 ダイエットブログ 50代女性のダイエットへ
にほんブログ村