歳月不待人  

歳月は人を待たず 時間を無駄にできません あれこれ語ります 中年女子目線です

チーズはどこへ消えた?若い時に読みたかった

こんばんは~ 今日はポカポカ陽気の1日でした。歩いていると汗ばむほどの暖かさ。念のために持参していた上着がお荷物になりました。でも夜は寒い!!明日もさらに暖かい予報です。服装が難しいですね~

チーズはどこへ消えた?

f:id:cyu-ko:20171106201719j:plain

ベストセラーなので多くの方がご存じの本だと思います。

私もタイトルだけは聞いたことがありました。まぁよくある自己啓発本かなぁ…って感じで認識していました。 大学生の息子が読み終わったものをなんとなく借りて今日読み終えました。薄い本なのですぐ読み終えましたが内容は思い当たる節が多々ありもっと若い時に読んでおきたかったなぁ~なんて感じさせられました。

2匹のネズミと二人の小人が登場します。彼らは迷路の中に住みチーズを捜し歩きやがて大量のチーズを見つけます。

この物語でのチーズとはお金だったり地位や名誉や人間関係だったり自分の大切なものと言う象徴です。

永遠に有り続けると思っていたチーズがある日突然無くなってしまった時あなたならどうしますか?というお話です。

本では2匹のネズミは敏感な嗅覚で新しいチーズを探すべく迷路の中を探しまくります。二人の小人は状況の変化を受け入れられず嘆きわめき事態の分析ばかりして動こうとしない。そのうち小人の一人だけがこのままではいけないと気付き重い腰をあげチーズを探しに迷路に向かいます。

葛藤や色々あって結果、ネズミは先に素晴らしいチーズを見つけ、あとから迷路に出た小人一人も遅ればせながらチーズにたどり着き、残った小人は今いる場所が安全との思い込みから抜け出せずチーズが戻るのを待ち続けてる・・・ザックリですがこんなお話です。

状況は常に変わるもの、その変化を恐れずに自分もすばやく適応し変化を楽しもう

50歳の私の残り時間でその状況が来たら失ったチーズを待たずにたとえ迷路でも新しいチーズを探しに出る勇気を持ちたいなぁと思わせてくれた本でした。

 

おうちごはん

、低糖質食パン、目玉焼き、サラダ

、昨日の煮物残り 低糖質ドーナツ サラダ

、厚揚げと鶏胸肉マヨ焼き 高野豆腐

f:id:cyu-ko:20171106201947j:plain
f:id:cyu-ko:20171106201957j:plain
f:id:cyu-ko:20171106202015j:plain

 



本日のToDo

①糖質1食40g以内に抑える

②フリパラツイスト30秒×朝、夕(しゃべくり007でガッキーがやっていた)

③ガセリ菌ヨーグルト 恵 食べる

④エゴマ油スプーン1杯摂取

⑤ウォーキング←無理なら通勤時駅まで往復徒歩で毎日最低6000歩以上

 7297歩

最後までお読みいただき有難うございました。

明日もよろしくお願いします(#^.^#)

にほんブログ村 ダイエットブログ 50代女性のダイエットへ
にほんブログ村